生理中、妊娠中に白髪染めを使っても大丈夫?

女性が白髪染めをする場合、特に気になるのは生理中・妊娠中に使っても大丈夫なのかという点でしょう。
白髪染めについての情報を調べると、これらの時期には使うのは避けた方が良いとの記述が良く見られます。
では、これにはどのような理由があるのかを見て行くことにしましょう。

生理中に白髪染めを使っても大丈夫?

多くの白髪染めでは、生理中は使用を避けるようにとの記載がされています。
これはなぜなのでしょうか?
生理中はホルモンバランスが崩れやすく、普段は何ともなかった刺激にも体が過敏に反応するようになります。
このため、白髪染めによる頭皮のアレルギー症状も出やすくなっています。
一度アレルギー反応が出てしまうと、生理が終わった後でも、同じ製品を使えばアレルギー反応が出てしまいます。
長い間使ってきた製品でも、その時点で使えなくなるので、変えなくてはいけなくなります。
また、ホルモンバランスの関係で、生理中の白髪染めはきれいに染まらなくなったり、すぐに色が抜けてしまったりしがちです。
こうした理由から、生理中は白髪染めをするのはやめた方が良いとされています。

妊娠中に白髪染めを使っても大丈夫?

妊娠中にも白髪染めを使うのは、避けた方が良いとは言われています。
白髪染めの成分が頭皮の毛細血管から入り、体内の赤ちゃんや母乳に流れ込むことも考えられなくはないでしょう。
ただ、この話は医学的な根拠や証拠はなく、妊娠中や授乳期間に白髪染めをしても赤ちゃんに影響が出たという例も報告されていません。
それでも、妊娠中というのは様々な不安があるので、不安を抱くようなことは避けた方が賢明です。
何より、妊娠中は女性の体は非常にデリケートであり、平時とは体質が大きく変化します。
妊娠中は免疫力が低下するので、それまで大丈夫であった白髪染めでもアレルギーが起きる可能性も高まってきます。
アレルギーは一度起きると、以降は白髪染めを使うと同じ事になりがちです。
心の安定、体へのストレス、将来に白髪染めを再開することなどを考えると、妊娠中や授乳期間の白髪染めはいったん止めておくようにしましょう。

妊娠中や生理中に白髪染めを使うことを避けるべきなのは、主に体が刺激に対応できなくなることが理由といえます。
毛髪を脱色して染める薬剤を使う以上、肉体が十分に健康な状態でないと、やめておくべきということです。

検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

運営者メニュー