白髪が出来る原因と対策を見てみよう

そもそも、白髪はなぜ生えてくるのでしょうか?
白髪自体の発生を防ぐことが出来れば、白髪染めは最初から使わなくてもよくなります。
防げなくとも、生えてくる数を抑えることが出来れば、それだけ使う頻度や量も減らせます。
白髪が生えてくる理由と対策法を簡単に紹介します。

白髪はどのように生えてくるのか?

人間の髪は生えてくる時は白髪で、成長してゆく中で色素細胞が生産するメラニン色素が入り込むことで色がついていきます。
白髪になるのは、何らかの原因で色素幹細胞から十分な量のメラニンが供給されなくなったり、細胞が失われてしまったりすることが理由です。
仮に白髪を抜いても、原因は頭皮や毛根の部分にあるので、同じ場所から生えてくるのは白髪にしかなりません。

白髪が生じる原因:加齢・遺伝

色素細胞が減少したり能力が衰えたりする原因として最も多いのは加齢によるものです。
年を取れば、それだけ細胞の能力は衰えていきます。
別の要因としては遺伝があります。白髪自体が遺伝するわけではありませんが、色素細胞の能力を左右する要素は遺伝します。
家系的に白髪が多い人は、若いうちから白髪対策を行うことを心がけることが大切です。

白髪が生じる原因:生活習慣・ストレス

もう一つ白髪の発生に大きく関係しているのは、生活習慣やストレスです。
栄養が偏った食生活、不規則な生活サイクル、運動不足、飲酒・喫煙などの悪い生活習慣、そしてストレスは、体の自律神経を乱して血行を悪くします。
血の巡りが悪くなれば体の表層部にある色素細胞にはそれだけ酸素や栄養が行き届きにくくなり、能力を衰えさせ、数を減らす原因になってしまいます。
また、乱れた生活習慣やストレスは体の老化を進ませる原因です。老いればそれだけ、白髪も増えやすくなります。

白髪対策はどうすれば良い?

加齢や遺伝による白髪の発生は極めて防ぎにくい物で、一度発生するとその場所からは白髪しか生えてこなくなるのが普通です。
しかし、生活習慣やストレスを減少させることで、白髪を予防し、発生を遅らせることは十分に可能です。
また、血行が悪くなって色素細胞が弱っているだけなら、頭皮のマッサージや体の健康状態の回復によって黒い髪を取り戻すことも不可能ではありません。

もしも白髪が心配、これから増えそうで困るという人は、まずは生活習慣の見直しを心がけることが大切です。

検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

運営者メニュー