白髪染めによる頭皮トラブルの原因と対策は?

白髪染めをする際に必ず付きまとうのが、頭皮のかぶれなどのアレルギー症状です。
では、何故このようなことが起きてしまうのでしょうか?
ヘアカラーによる頭皮トラブルが起きる理由と、その対策を紹介します。

ヘアカラーが髪を染める仕組み

白髪染めの中で特に頭皮に異常が生じやすいのは、いわゆるヘアカラーと呼ばれるタイプの、二つの薬剤を混ぜて使うタイプの物です。
このタイプの白髪染めは、毛の色を抜く脱色剤と、毛を染める染毛剤からなっています。
メカニズムとしては、まず脱色が毛のキューティクルを開いて内部に入り込み、髪の色素となっているメラニンを脱色します。
続いて開いたキューティクルから染毛剤が毛の内部に入り、脱色剤と反応して色を付け、キューティクルを閉じます。

なぜヘアカラーでかぶれが生じるのか?

ヘアカラーを使ってかぶれが生じてしまうのは、多くの場合は髪を脱色する脱色剤によるアレルギー反応が原因です。
脱色剤は高い酸化力を持っているので、肌に対する刺激がとても強い物です。
そのため、ヘアカラーを使用する際には、使っても大丈夫かどうかを確かめる皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行わなくてはいけません。
パッチテストをする際には、ヘアカラーを混ぜて腕の内側に軽く塗って反応を見ます。
48時間たっても何の異常もないなら大丈夫ですが、発疹などの異常が出た場合は使用を止めなくてはいけません。
アレルギーは突然発生することもあるので、毎回使っているヘアカラーでも、使う48時間前には毎回パッチテストをする必要があります。

ヘアカラーを使って異常が起きたときの対処法

もしもヘアカラーを使って異常が出た場合は、もう使わない方が良いでしょう。
異常が出ても使い続けると、アレルギー症状なので2回目以降はもっと症状が悪化します。
幸いにも、白髪染めの中にはヘアマニキュアやカラートリートメントなど、脱色剤を用いない低刺激の製品がたくさんあります。
染める力はヘアカラーよりも低くなりますが、より安心して使えるようになります。
医薬部外品と分類されている白髪染めを使って頭皮に異常が出てしまったときは、「化粧品」と分類されている白髪染めに切り替えてみるのが一番でしょう。

ヘアカラーは白髪を隠す際には頼りになりますが、医薬品に分類されるものであることを忘れてはいけません。
体質や製品によって合わずに問題が出てくることも十分にあり得るので、正しく慎重に使う必要があります。

検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

運営者メニュー