美容院と自分でやる白髪染め、どちらが良いやり方?

どうやって白髪を染めるかということになると、基本は「美容院でしてもらう」「自分でやる」の二択になることでしょう。
かかる費用や技術力、手軽さなどに差が出るのは当たり前ですが、具体的にはそれぞれにどのようなメリット、デメリットがあるのかは少しわかりにくいことがあるかと思われます。
今回は、美容院と自宅の白髪染めのそれぞれにどんなメリット、デメリットがあるのかを見て行きましょう。

美容院で白髪染めしてもらう場合のメリット・デメリット

美容院で白髪を染めようとすると、結構な費用が掛かります。
これは何か特別な白髪染めを使っているからではなく、スタッフの技術料(人件費)によるものです。
プロにやってもらうのですから、当然ながらきれいに染まりますし、色も長持ちします。
後頭部や側頭部などの見えないところにもきれいにしてもらえますし、塗り残しやムラもありません。
衣服や皮膚につかないようにきちんとしてくれるところも安心です。

欠点としては、何といっても費用が掛かり、時間がかかるために手軽には出来ないという点です。
仕事や家事が忙しくて美容室にのんびり通っている時間がない人には厳しいといえます。
また、一部だけ染めたい場合や、伸びてきた分の根元を少し染めたいときなどに、いちいち美容室に行くのは大げさになります。

自分で染める場合のメリット・デメリット

自宅での白髪染めの利点は、何といっても手軽なところです。
白髪染めといえば少し面倒な物という印象もありますが、美容室に比べるとごく短時間で済みますし、カラートリートメントやカラーリンスは普段のお風呂で行えます。
当然ながら、費用もあまりかかりません。
また、美容室での白髪染めは一回でしっかり染める必要があるので、どうしても使う薬剤は強い物になりがちです。
それに対して、自宅で行うカラーリンスなどは毎日ちょっとずつ使っていくために刺激が少なく、保湿成分などで髪へのダメージを抑えることも出来ます。

問題点としては、自分では確認しづらい後頭部や側頭部をきれいに仕上げるのが難しく、時には塗り残しやムラが出る点です。
きれいに染めるには、ある程度の技術力を要します。
カラーリンスなどは日ごろからずっと続けないといけない所も、欠点といえば欠点といえます。

全体的には、日ごろの白髪染めは自分で行い、どうしても自分で何とかできない場合、全体をしっかり染めたい場合にだけ、美容室を利用するのがよさそうですね。

検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

運営者メニュー